ツイッターパーツ
t
topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平和でありますように - 2012.09.06 Thu

      img5-523.jpg




        今日、久々にパパさんと二人でランチにお出かけしたときのこと・・・

        いつも出かけるショッピングモールの中に

        新しい中華料理のお店が出来ていました。



        外からは厨房で作っている様子が良く見えるお店・・・

        どうやら、厨房で作っているのは、あちらの国の方のようです。


        いいにおいに誘われて

        思い切って冒険してみることに・・・




      img5-522.jpg



        ところが・・・

        お店の入り口に入って待っていても

        店員さんが来てくれません。


        平日の昼間・・・そんなに混み合っているわけでもなく

        フロアーにも何人かスタッフさんがいるのに・・・


        思わず、こちらから「すみませーん」と声をかけると・・・





      img5-521.jpg




        「あ、いらっさいませ、おふたりさまですね?」

        と、独特のイントネーション。


        あぁ・・・よく見てみるとこのお店は

        従業員が全て日本人ではく、あちらの方のようです。

        見た目や雰囲気は、私たち日本人と変わらないので

        言葉を交わすまでわかりませんでした。




        

      img5-520.jpg


        パパさんは「牛バラ土鍋そば&チャーハン」

        私は「ユーリンチ定食」を注文しました。


        
        注文した料理が運ばれてくると

        本格的な中華料理で、とても美味しくてビックリ!

        
        とくにパパさんの牛バラ肉の塊は

        角煮のように柔らかく絶品です!







      img5-519.jpg




        向こうの国と日本ではもちろん文化も違うでしょう。

        何も言わずに席に案内されることも、素早く注文をとりに来ることも

        冷たいお水を持ってきてもらうことも

        もしかしたら、当たり前ではないのかもしれません。



        母さんも仕事(ファストフード店のマネージャー)で

        お客様が満足するためのサービスを仲間の従業員に教育する立場ですから

        このお店のサービスは日本の常識から見ると足りないことだらけです。

        もしかすると、それを不満に思うお客様もいるかもしれません。




        だけどね・・・


        パパさんと母さんは、いつも行くショッピングモールに出かけただけなのに

        違う国へ旅行へ行ったような

        そんな感覚を味わうことが出来て・・・

        ちょっぴりワクワクして、とても楽しかったんです。







      img5-518.jpg


        そして・・・

        確かに文化が違うかもしれませんが

        そのお店の人たちは、少しでも隣近所にあるお店に負けないように

        サービスも一生懸命やろうとしている姿勢や姿は感じられたんです。


        逆に外国で・・・

        日本人の人が同じように、飲食店を経営して出店して・・・

        文化の違いに戸惑いながらも頑張っている人がいるんだと思います。



        
        今・・・隣国と難しい問題を抱えている日本

        母さんには、どうやったら一番良い解決が出来るのか判断できません。



        ただ・・・


        今日こうして出会って触れ合った人たちに

        楽しい時間を頂いて嬉しかったと感じられる

        素直な感謝の気持ちを自由に伝えられる日々を

        子どもたちのためにも守っていきたいなぁって

        
        この気持ちは私の本物の気持ちなんだなぁって

        そう思いました。



夢を抱いている子どもたちが夢をかなえられるためには、平和でなきゃダメで・・・( ̄▽ ̄)ノ
↓↓↓  



それを守っていくのが母さんたちなんですよね・・・きっとヾ(o´∀`o)ノ
↓↓↓

スポンサーサイト

● COMMENT ●

民度の問題です

サービスと言う点では、日本は世界に冠たるものがあります。
サービスの語源はserveであることは御存じかと思います。スポーツでは、テニスの世界で、「シャラポワの強烈なサーブが相手を圧倒!」などと新聞の見出しになりますが、そもそも、初期のテニスでは、ラリーに主眼が置かれており、始めに打ち易い球を相手コートに入れるのがサーブだったと聞きます。 そう、相手を思い遣ることがサーブでありサービスなのです。スポーツの世界では、とっくの昔に言葉の意味が変質してしまっています。
サーブの語源を、さらに中世にまで辿れば、servant(召使)にたどり着くのですから、欧米人が考えたサービスとはどうあるべきかは明白です。ところが、そのサービス先進国の西欧を歩くと、日本で受けられるサービスとはかけ離れたものであることに驚かされます。ぼやぼやしていると「Serve yourself!」、つまりセルフサービスでやることを強要されます。「マニュアルに書かれた最低限のサービスは仕方がないからやるけれど、それ以外のことはやらないわ。だって、私は貴方のservantじゃあないのよ!」とでも言いたげな雰囲気です。個人主義が徹底している西欧では、個々人が平等ですから、それはそれで仕方がないのでしょう。翻って、アジアの近隣諸国はどうなのか? 西欧では、「日本は欧米型の民主主義を一番先に取り入れ、発展させた国」と言う評価だそうです。それに対して、近隣諸国の民主主義は歴史が浅いし、擬似民主主義やなんちゃって民主主義(本質は共産主義)のままで、日本とは事情が異なります。ですから、かの国で生まれ育った方々に、日本式のサービスをいきなり求めることは不可能なのです。私も横浜の中華街で食事をした経験があります。 従業員の態度は、ママさんがここに書かれているのと同様でした。 ただ、なかで一人、品の良い老齢の御婦人が丁寧に対応をして下さり、小声で「すみませんね、店員の態度が悪くて・・・。言ってはいるのですが、なかなか直らないんですよ。」と申し訳なさそうに仰って下さったのです。きっと経営者かその御夫人だっだのでしょう。 その他にも、東京駅の構内にある中華の御店で、あり得ないほど横柄な片言の日本語で注文を取られ、お水が跳ね上がるほどの勢いでコップをテーブルに叩き付けられた経験もあります。 厨房に居る経営者とおぼしき男性と、私には理解できない言葉で怒鳴りあっていたので、タイミング悪く、喧嘩の最中にお店に入ってしまったのでしょうね。
日本にも西欧のように主従の関係はありましたが、サービスに対する理解は西欧人とはかなり異なっていると思います。マニュアルを超えたサービスがそこここにある現実を見ると、日本式のサービスには、日本人の精神性が加味されているものと強く感じます。結局は、日本の民度の高さが、日本式のサービスにも反映されているのですね。
日本式サービスは近隣諸国でも見直されており、そのノウハウを学ぼうとする動きもあります。ただ、T島やS列島の問題を見る限りにおいては、民度の低い社会でそれが定着することは絶対にないと思います。民度を維持するのは各家庭や学校での教育です。ママさんも「良き日本」を維持するために、頑張ってお子さん達を教育して下さいね^^。

同感です!

人類皆が素直な気持ちに成ってれば、欲を出さなければ・・・・・と思うのですが、
如何にも困ったものです。

ところで、10年以上前ですが小生も中国で、どこでもママさんと同じ様な経験をしましたよ。
南京のデパートでは、言葉が通じにくい為か接客も、「あの物を取ってくれ」と言っても、
無言で取り、また、物もつり銭もテーブルに放り投げる(様に見えた)しまつ。
これが、中国の当時の実態だったんですね。
今では、日本式に過剰サービスに(失礼かな)なってるやも知れないですけどね。

中国人全てが・・・・・では無いはずだし、日本人から見て「良い人」も多いはず。
でなければ、日本の企業があんなに進出しないでしょうから。

DEN

こういうふうに考えられるママさん、尊敬します。
私は中国に4年ほどすんでいましたが、最初は帰りたくて仕方がなかったです。
タクシーの交通マナーもレストランでの店員の態度も空気の汚さもすべてが嫌でした。
でも4年も住んでるとそれが当たり前になって(慣れて)くるんですよね。
帰国した時の日本でのサービスが過剰だと思うくらいに。
(買い物したものを出口まで持って来てくれるとか)
でもホッとしたのも事実です。
そこまでのサービスはいらないけど、最低限のマナーは守ってもらいたいです。
(日本人がオーナーだと従業員の態度も全然違います)

ママさんたちは楽しく食事ができてよかったですね。
料理は確かに本場の方が作った方がおいしいです。

Re: 御隠居鳥 さん

こんばんは(^^)

そうですね♪
日本のいいところ、子どもたちに伝えていかれるように
母さん自身も日々頑張ります!

Re: DENさん

こんばんは(^^)

そうそう、日本だって中国だって・・・
お互い、イイところを認めて努力している人もいるんですよね。

それぞれの国で文化は違うのですが
素敵だなぁと思えるところは素直に尊敬できる心でいたいなぁと
思います(^^)

Re: sachi さん

こんばんは(^^)

そっかぁ。sachi さんは中国にいらした経験があるのですね。

きっと、日本もそうですが・・・

どんどん国の文化も変わっていくんでしょうね(^^)

どの国も、子どもが笑顔でいられるように変わっていけたら
いいですよね♪



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://dokodemomama.blog90.fc2.com/tb.php/753-dd6a51e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

白状します・・・ «  | BLOG TOP |  » 気持ちを入れ替えて・・・

ご訪問ありがとうございます

どこでもママ

Author:どこでもママ
ブログ後訪問、ありがとうございます。
不器用で融通のきかない天然ボケ母さんが、子どもたちやパパさん、大事な家族を守るため、仕事に育児に家事に奮闘する日々をマイペースで綴っています。

ブログランキング参加中!!

       

プロフィール

img011.jpg

どこでもママ 
カチカチ頭とヌケヌケ頭を兼ね備えた
「真面目天然ボケ」A型アラフォー
転職先で新しい環境に奮闘中~

img012.jpg
パパさん
お仕事の顔とパパの顔。
二つの仮面を駆使するお茶目なB型 
アベノミクスに苛められてる40歳

img010.jpg
お姉ちゃん
母さんに似てカチカチ天然ボケなところあり
典型的な長女タイプのAB型中学2年生
理想と現実のギャップに悶え中

img013.jpg
息子ちゃん
何事もとにかく時間のかかる早生まれ。
鈍行列車でも最近急成長中のAB型小学6年生
心の急成長からアンバランスイライラ虫

img4-104-2.jpg としぞう
落ち着きの無さは天下一品!
人間大好き、犬嫌いなオレ様トイプードル♂4才
すこ~し大人の落ち着きが出てきました

img4-103-2.jpg
すえぞう
覚えて欲しくないことほど良く覚える
一日中しゃべり続けているセキセイインコ♂4才

カウンター

Category

子どものこと (276)
パパさんのこと (25)
自分のこと(その他) (156)
自分のこと(仕事) (33)
ひとりごと (156)
まだまだ成長期倶楽部 (1)
思い出話 (9)
ペットのこと (22)
おでかけ (12)
本日の一句 (4)
感謝のご報告 (7)
未分類 (0)
今日の空 (7)

Link

このブログをリンクに追加する

Archive

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。