ツイッターパーツ
t
topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

温かい知らんぷり - 2012.01.15 Sun

        本日は、昨日突然思い出した思い出話を・・・



      img4-447.jpg



        私が、ちょうど今のお姉ちゃんと同じぐらいの頃(小5)

        「放送委員」になりました。

   
        私が小学生だった頃は

        放課後は小学校の校庭で遊んでいいことになっていて

        16時に下校の放送が流れたら、児童たちは帰宅するという決まりがありました。



        その日

        私は、放送委員になって初仕事で初帰りの放送を任されました。




        当時の自宅は学校の道路を挟んだ向かい側にあり

        学校の放送や校庭で遊んでいる様子なんかも

        自宅にいながら確認できるほど近い場所にありました。



        だから・・・

        その日は登校前に自分の母に

        「今日は放送委員で帰りの放送するから、絶対に聞いていてね!」

        とお願いして学校へ出発したのです。

     







      img4-446.jpg



        初めての全校放送・・・

        お母さんも聞いてる・・・

        ここは頑張らなきゃ!!








      img4-445.jpg




        どうしてもイイところを見せたいと強く思った私は

        必要以上に緊張して空回り・・・


        結局、しっかりした台本があったにも関わらず

        舞い上がって・・・


        他の担当の放送委員の子の名前に「さん」をつけたり・・・

        自分のことを名前で呼ばす「私」と言ったり・・・

        上手に、どころか、普通にやることも出来ませんでした。





      img4-444.jpg



        直後、担当の先生がすごい勢いで走ってきて・・・

        「今のは誰がやったんだ!」

        と大きな声で注意されたので・・・


        恥ずかしいのと・・・

        悲しいのとで・・・

        私は泣き出してしまって

        2回繰り返す放送の2回目が出来ず

        他の委員さんに代わってもらいました。











      img4-443.jpg




        「お母さんに頑張っている所を聞いて褒めて欲しい!」


        朝来るときはそんな気持ちでいっぱいだったのに

        帰りは、この事態をどう説明しようか・・・

        それだけで胸がいっぱいでした。

        

        家に帰ると、すぐには話せず・・・

        しばらくしてから、ものすごい勇気を出して

        「今日の放送失敗しちゃった・・・」

        と、切り出したのですが・・・


        以外にも母は

        「そうなの?今日はあまり聞こえなかったよ。

          お母さんもちゃんと聞いてあげれなくてごめんね。」

        と、言いました。


        それで、ものすごくホッとした記憶があるのですが・・・



        今思えば、あの時、聞こえていないはずが無いのです。

        おそらく・・・

        あの失敗はちゃんと聞こえていて、担当が代わったのも

        大人な母はちゃんとわかっていたはずです。



       



      img4-442.jpg



        今なら、そのときの母の気持ちがわかります!

        だって・・・

        息子ちゃんの「珍回答」も、お姉ちゃんの「涙」も

        ヤッパリ同じような気持ちで同じようなことをしている自分がいるから・・・




        お母さん、あの時、ありがとう!( ̄▽ ̄)ノ 



母を追いかけて成長している私はヤッパリ母に似ているんだなぁ(*・ω・)♪
↓↓↓  



それで、お姉ちゃんもきっと母さんに似ちゃうんだろうなぁ~(o-´ω`-)
↓↓↓
 
7日目「スロー腹筋20回2セット」&「ひねり足上げ左右20回2セット」1週間経過!!
とりあえず・・・1週間続けた自分に拍手ー!!
もし、一緒にやってくださっている方がいたら、そんなあなたにも拍手ー!!
ツイート見かけた方は一緒にやりましょう(●´∀`)ノ



スポンサーサイト

初めての出産 ④ - 2011.05.02 Mon

   
  *********************************************************************** 
  ただいまぁ~ヾ( ̄∇ ̄=ノ  帰ってまいりました♪ 
  予約投稿にも関わらず、コメントを下さったみなさま、本当にありがとうございました。嬉しくて、嬉しくて…。
  じっくり拝見させていただいて、心をこめてしっかりお返しさせていただきます(^^9
  さて・・・本日は、出産シリーズ最終日。お楽しみいただけたらとっても嬉しいです!       
  ***********************************************************************  
 


        さて・・・覚悟を決めた母さんがまず最初にしたこと・・・
        
        それは・・・

        パパさんへの電話です!


      img2-801-4.jpg


        母さんの入院していた産婦人科では
        出産が終わるまで食事はおにぎり2個とお味噌汁のみでした。
        そのため・・・母さん、疲労と空腹でかなり弱っていました。

        まずは滋養強壮!!


        と・・・言うわけで・・・


        朝、パパさんが買ってきてくれたブツを・・・





      img2-800.jpg





        ふぁいとー! いっぱぁーつ!(`・д・´)ノ






      img2-799.jpg
     


        その日のお産は混み合っていたため・・・
        もっとも早く生まれそうな私が最初に分娩室に入ることになりました。
        
        分娩室で、再び陣痛促進剤を点滴しました。


        お昼の12時近くなって、ようやく出産できる体勢に!!


        看護婦さんの掛け声に合わせて3回いきむように
        指示が出たのですが・・・




      img2-798.jpg



   
        いきみ始めた3回目で、本当にあたまが真っ白になり
        意識が遠くへ・・・

 
        気づいたら一瞬お花畑が見えたのですが・・・


        ふぁいと、いっぱぁつ!のおかげですぐに帰ってこれました。ε=(‐ω‐;;)セーフ


        看護婦さんにいきむ回数を2回に減らしていただいて・・・
        何度かチャレンジするうちに・・・・








        あっ・・・うまれた・・・



      
      img2-797.jpg
  

        もう、なんと言ってよいか・・・
        言葉にならない感動です。

        無事に生まれてきた赤ちゃんに感謝して・・・
        
        そして、私という存在を、こんな苦しみで生み出してくれた  
        母に感謝して・・・

        39度の熱をおして、たくさん助けてくれて
        立会い出産(そのときには熱は下がりました)をしてくれた
        パパさんに感謝して・・・


        

        母さんがそんな感動に浸っていると・・・

        看護婦さんが・・・

       ( ´∀`)  「ママさん、病室へ行きますよ。」

       Σ( ̄□ ̄   「へ?
               だって、教科書には2時間ぐらいそのまま分娩台で休むって・・・」
   
      ヾ(;´▽`A``ア 「今日はお産が混んでるから、ごめんなさいね。
               次の人がもうすぐ生まれちゃ移送なんですよ。」


        そりゃ大変!!
        急いでどかなきゃ・・・と思いましたが・・・
        体力が限界なところで出産をし、弱りきっていた体。
        その上、出産の際、出血が500mlあったので・・・

        母さん、自力で動けません・・・( ̄▼ ̄|||)



        数名の看護婦さんに抱えられ・・・
        なんとか車椅子に・・・

        でも、座っているのもやっとな感じで
        身動き一つ取れません・・・


        あぁ・・・足も動かせないまま・・・
        バックリ開いて・・・
        出産着も乱れて・・・大変な状態・・・

        だれか・・・だれか・・・
        直してぇぇぇぇぇ・・・・ 

       


      img2-796.jpg



        そして、私は・・・なされるがまま・・・
        その格好のまま・・・出産を待っている
        たくさんの家族の前に姿をさらしてしまったのでした。

   
        ちゃん♪ちゃん♪



全くもって、教科書どおりに行かない出産でしたが・・・
今となっては、笑い話、楽しい思い出がいっぱいの出産でした\(○^ω^○)/
 ↓↓↓  




人生も、思いもよらない出来事の方が・・・
振り返ると楽しい思い出になっちゃうのかもしれないですねヾ(´▽`*;)ゝ"
 ↓↓↓



初めての出産 ③ - 2011.05.01 Sun

   
  *********************************************************************** 
   只今、静岡の実家に帰省中です♪4夜連続、予約投稿、自動更新で、母さんの「初めての出産」をお送りします。
   コメントのお返事がかなり遅くなってしまいます。それでも、コメントいただけたら・・・とても嬉しいです♪
   コメントは時間がかかりますが、ちゃんとお返しいたしますからね~ヾ( ̄∇ ̄=ノ         
  ***********************************************************************  
 


        夜が明けて、パパさんと、実家から母が病院に到着した頃
        母さんは朝から陣痛促進剤(点滴)を使用することになりました。

        二人目を自然陣痛&分娩で出産した経験から考えると・・・

        陣痛促進剤を使用した陣痛は、自然陣痛より痛かったように思います。


      img2-806-3.jpg



        例えると、急に子宮を鷲掴みにされてギューッ!!ってされたような・・・
      
        もちろん、ドクターもわかっていらっしゃるので、
        最初は少量から開始ですが、
        母さんの場合はそれでも陣痛の付きが悪かったので
        徐々に量も増やしていきました。


        そのため、ものすごい辛いときと・・・


      img2-805.jpg



        陣痛がまったく起こらず、超~余裕の時があり・・・

        たいてい超余裕の母さんをドクターが見つけると・・・
        薬の量が増えていき・・・

        



      img2-806-3.jpg




        再びこの状態に突入する・・・
        という、繰り返しを
        朝の7時から夕方6時まで繰り返しました。

        正直・・・

        づ・・・・づかれたε-(;-ω-`A)
    

        夜は夜勤のスタッフが少ないため、何かあっても対応しきれないからと
        陣痛促進剤は使用することが出来なかったので、6時に点滴が抜かれ
        陣痛待機室に返された母さん・・・


        このまま陣痛が付いてくれればよかったのに・・・
        こんなに頑張ったにもかかわらず・・・
        点滴を抜いてしまった瞬間から、陣痛止まってしまいました。


        


      img2-804.jpg




        面会時間が終われば、パパさんも、母も帰らなくてはならず
        再び一人きりの不安な夜がやってきました。


        昨日は、赤ちゃんに会えるかも・・・という期待で
        前向きに頑張ることが出来た母さんでしたが・・・

        
        昼間の促進剤の使用で疲労してしまったこともあり・・・

        一人でいると不安で不安で・・・
        ネガティブな考えしか浮かんできません。



      img2-803.jpg



        私より後から入院してきた妊婦さんたちが    
        どんどん、出産して陣痛待機室からいなくなっていきます。
        陣痛待機室は出産のための部屋と近いので
        赤ちゃんの産声・・・
        スタッフさんや、ママとなった妊婦さんの喜びの声・・・
        イロイロな声が聞こえてきました。


        どうして、自分には陣痛が付かないんだろう・・・
        自分の体の何がいけなかったんだろう・・・
        
        運動が足りない?
        気持ちが足りない?
        太りすぎたから?

        ベットに横になっても寝れないので・・・
        ベットの横に腰掛けて、一人でメソメソ・・・


        そうしている間にも、破水しているわけですから
        用水はチョロリ、チョロリと少量ながらどんどん出て行きます。

        赤ちゃんは無事なのか、苦しくは無いのか・・・

        たくさん泣いて、たくさん自分を責めまくったら・・・
        だんだん、赤ちゃんのことに意識が行くようになってきました。



        すると・・・不思議と・・・
        今度は、立ち向かう気持ちが沸いてきたのです。
        聞こえてくる赤ちゃんの産声・・・
        新生児室に並んだ、赤ちゃん・・・

      img2-802.jpg





パパさんは初日、出産のためではなく、同意書を書くために病院から呼び出されました(√Д\)。
 ↓↓↓  




母さんだけではなくて、パパさんも不安と戦って、
たくさん心配してくれていたんです (*´Д`*) →初めての出産②へ続く
 ↓↓↓



初めての出産 ② - 2011.04.30 Sat

   
  *********************************************************************** 
   只今、静岡の実家に帰省中です♪4夜連続、予約投稿、自動更新で、母さんの「初めての出産」をお送りします。
   コメントのお返事がかなり遅くなってしまいます。それでも、コメントいただけたら・・・とても嬉しいです♪
   コメントは時間がかかりますが、ちゃんとお返しいたしますからね~ヾ( ̄∇ ̄=ノ         
  ***********************************************************************  
 


        初めての妊娠・出産なのに・・・
        おしるしより、陣痛より先に破水しちゃった母さん・・・

        
        どうしてもパパさんの傍で出産したかった私は
        里帰りしておらず・・・パパさんと二人きり・・・

        そして、その二人ともが・・・
  
        39度近い発熱にて寝込む事態に遭遇したわけで・・・( ̄ロ ̄;)

        さらに、いきなり破水というイレギュラーな事態発生で・・・
        



      img2-812-2.jpg




        プチパニック!!ヽ(・д・`ヽ三ノ´・д・)ノ

        


        で・・・とりあえず・・・


        教科書どおりに産婦人科に電話・・・


        「入院の仕度して来てください」
        
        の、一言に・・・
        パパさん39度の熱をおして、車をとばしてくれましたとも(>△<)


        
        
        で・・・

        
        産婦人科に到着するなり、看護婦さんが一言・・・




      img2-811.jpg


        

        それを聞いたパパさんは、

              
       
        



      img2-810.jpg


        パパさんの発熱が他の妊婦さんたちにうつらないように・・・
        そして、私の両親、パパさんの両親に連絡を入れるために・・・

        
        病院から呼び出されるまで一度家に帰ることにしました。


        私は・・・というと・・・


        実は破水をすると6時間ごとに抗生物質を飲まなくてはならないのですが
        おかげで熱はすっかり下がり・・・(´∀`;A
       

        身体的には元気になったのですが・・・




      img2-809.jpg



        破水をしたのに、まったく陣痛が起こらない・・・
        というさらなる不安と立ち向かわなくてはならなくなったのです。


        

        まったく、陣痛が起こらない私に

        看護婦さんが

       「少し、体を動かした方がいいわよぉ。
       お勧めなのがあるから教えてあげるわ♪」



        と、アドバイスをして下さったので・・・


        母さんは勧められるままに・・・


      img2-808.jpg


      
        夜中、ただひたすら病院の階段を・・・
        えっちら、おっちら、徘徊する怪しい人になったのでした(´-ω-`;)ゞ



        さてさて、翌日・・・


        それでも陣痛が起こらない母さんに、
        ドクターから陣痛促進剤を使用するように指示が出ました。
   
        これ・・・
        使用に際して・・・



       img2-807.jpg


        こんな同意書を書かされます。(パパさんが)

        
        いよいよ・・・入院2日目
        母さんいったいどうなることやら・・・・( ̄∇ ̄;)



ちなみにココの産婦人科さん、出産が終わるまでの食事は
おにぎり2個とお味噌汁のみ・・・と決まっていました。(´・ω・`)
 ↓↓↓  




出産の際、嘔吐してしまう人がいるからという理由だったのですが・・・
まさか、母さん、この食事を5食も食べることになるとは・・・ヽ(;´Д`ヽ)  →初めての出産②へ続く
 ↓↓↓



初めての出産 ① - 2011.04.29 Fri

   
  *********************************************************************** 
   只今、静岡の実家に帰省中です♪4夜連続、予約投稿、自動更新で、母さんの「初めての出産」をお送りします。
   コメントのお返事がかなり遅くなってしまいます。それでも、コメントいただけたら・・・とても嬉しいです♪
   コメントは時間がかかりますが、ちゃんとお返しいたしますからね~ヾ( ̄∇ ̄=ノ         
  ***********************************************************************  
     

        

      img2-818-1.jpg



        母さんが、初めて妊娠したのは26歳の初夏
        まだまだ、ツヤツヤで、ピチピチ(?)だった頃の話・・・



        順調に、妊娠ライフをおくり、いよいよ、臨月に差し掛かった頃・・・



      img2-817.jpg



        母さんの体重は、なんと!
        妊娠前より20kgプラスになっていました Σ( ̄□ ̄lll)


        臨月近くの検診では・・・
        毎回毎回・・・

        【塩分制限・カロリー制限】

        という印鑑を母子手帳に押され・・・
        ドクターから怒られる日々・・・


        そのストレスと・・・
        クリスマス、大晦日、お正月とイベント続きの日々が・・・
        食欲を増徴させ・・・
        負のスパイラルに陥った結果だったのですが・・・


        10年経った今は、妊娠前の体重+2キロ前後を
        行ったり来たりする日々が続いております(*^▽^*)ゞ

        「なーんだ。体重管理ちゃんとやらなくても、戻るんじゃん!」

        そう思ったあなた・・・


        体重は戻りますよ、体重は・・・



    
        ただ・・・




      img2-816.jpg


   
        一度伸びた皮は戻りません!( ̄▼ ̄|||)




        ま・・・過ぎたことは仕方ないので (←それでいいのかっ!?)

        それは、置いといて (  ̄∀ ̄)//



        初めての出産のお話です。


        その日の前日・・・
     
        なんと、パパさんが・・・


      
      img2-815-1.jpg





      39度近く発熱して帰ってきました Σ( ̄ロ ̄lll)





        次の日の朝・・・
        見事に母さんまで発熱し・・・




      img2-814.jpg



        二人で布団を並べて、ウンウンうなされながら寝ていました。
        時折、咳き込んでしまい(この前の風邪のような咳)
        腹筋を酷使していたのですが・・・


        夕方ごろ・・・寝返りをすると・・・



        チョロリ・・・


        と、何かが出てくる感覚が・・・

        最初はお漏らしかと思い・・・
        そっとトイレへ・・・


        が・・・しかし・・・




      img2-813.jpg


        


        


自分の意思とは無関係に出てくるそれは・・・
どうやら、羊水のようで・・・・ってことは・・・(。-`ω-)ンー
 ↓↓↓  




そう・・・それは「破水」だったのです!!Σ( ̄ロ ̄lll)  →初めての出産②へ続く
 ↓↓↓


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

ご訪問ありがとうございます

どこでもママ

Author:どこでもママ
ブログ後訪問、ありがとうございます。
不器用で融通のきかない天然ボケ母さんが、子どもたちやパパさん、大事な家族を守るため、仕事に育児に家事に奮闘する日々をマイペースで綴っています。

ブログランキング参加中!!

       

プロフィール

img011.jpg

どこでもママ 
カチカチ頭とヌケヌケ頭を兼ね備えた
「真面目天然ボケ」A型アラフォー
転職先で新しい環境に奮闘中~

img012.jpg
パパさん
お仕事の顔とパパの顔。
二つの仮面を駆使するお茶目なB型 
アベノミクスに苛められてる40歳

img010.jpg
お姉ちゃん
母さんに似てカチカチ天然ボケなところあり
典型的な長女タイプのAB型中学2年生
理想と現実のギャップに悶え中

img013.jpg
息子ちゃん
何事もとにかく時間のかかる早生まれ。
鈍行列車でも最近急成長中のAB型小学6年生
心の急成長からアンバランスイライラ虫

img4-104-2.jpg としぞう
落ち着きの無さは天下一品!
人間大好き、犬嫌いなオレ様トイプードル♂4才
すこ~し大人の落ち着きが出てきました

img4-103-2.jpg
すえぞう
覚えて欲しくないことほど良く覚える
一日中しゃべり続けているセキセイインコ♂4才

カウンター

Category

子どものこと (276)
パパさんのこと (25)
自分のこと(その他) (156)
自分のこと(仕事) (33)
ひとりごと (156)
まだまだ成長期倶楽部 (1)
思い出話 (9)
ペットのこと (22)
おでかけ (12)
本日の一句 (4)
感謝のご報告 (7)
未分類 (0)
今日の空 (7)

Link

このブログをリンクに追加する

Archive

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。